GREENROOM FESTIVAL BEACH CLEAN UP & LIVE開催決定!

GREENROOM FESTIVAL BEACH CLEAN UP & LIVE

ビーチクリーン参加者は、ライブの入場が無料に!
ライブ:臼井ミトンMichael Kaneko

GREENROOM FESTIVAL BEACH CLEAN UP & LIVE
日程:2017年4月23日(日)
場所:鎌倉市 材木座海岸
集合場所:GREENROOM BEACH CLUB(神奈川県鎌倉市材木座5-8-25)
集合時間:14:00
参加費:無料

臼井ミトン
臼井ミトン

1984年東京都世田谷区出身の牡牛座AB型。
高校卒業後にロサンゼルスへ移住、ギタリストとしてプロ活動を開始するも、James Taylorのライヴに感銘を受けてシンガーソングライターへの転身を決意、20歳で帰国。日米でアートディレクター・グラフィックデザイナーとして働きながらシンガーソングライターとして活動を開始。宅録機材をリュックに詰め、自らアポイントを取りながらアメリカ中の伝説的なミュージシャンを訪ね歩く「旅する宅録アーティスト」としてこれまでに2枚のアルバムと1枚のシングルをリリース、各種メディアで話題となる。
2015年3月に久保田麻琴によるリマスタリングで再発売した1st Album『Singer Song Traveler』では作詞家・松本隆が帯コメントを寄せ、「ミュージック・マガジ ン」や「サウンド&レコーディング・マガジン」に特集記事が掲載される等、音楽業界で大きな注目を集める。
FUJI ROCK FESTIVALに2年連続出演、その他RISING SUN ROCK FESTI- VAL in EZOやPeter Barakan’s LIVE MAGIC!等 大型フェスへも次々と出演。
また、音楽プロデューサーとしても「Leyona」「Unlimited tone」「maaayo」といった アーティストのCDを立て続けにリリース、実力派男性シンガーソングライターとして音楽シーンにその名を着実に広めつつある。

Michael Kaneko
Michael Kaneko

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人。
作詞・作曲・編曲・歌・演奏まで全てをこなすシンガーソングライター。

2014年、初めてのワンマンライブをきっかけに本格的に音楽活動を開始。音楽フェス OCEAN PEOPLES に出演。

2015年、Kan Sanoが制作したJ-WAVEのステーション・ジングルにシンガーとして参加、現在も局の顔としてO.A.されている。

2016年、アルバムリリース前にもかかわらず GREENROOM FESTIVALなど各地のフェスに多数出演したほか、タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE」キャンペーンポスターにCDリリース前にもかかわらず抜擢される。
さらに、グラミー受賞アーティストであるSnarky Puppy 来日公演のサポートアクトに origami PLAYERS として出演。質の高いオーディエンスを沸かせた。

ボーカルで参加したTOYOTAのWeb Movieが600万回超えの再生回数を記録。さらに Panasonic、Nissan、イオン、花王、旭化成 (ジップロック)、ヤフオク!、ぐるなび、GION、EYEMANIA、Serendipity、信和建設など多数のTVCMに起用され、各所に問い合わせが殺到。
ネットで瞬く間に名が広がり、自宅で録音したデモ音源『Sounds From The Den EP』が iTunes シンガーソングライターチャートで1位を獲得。

熱量のあるパフォーマンスでライブの度にファンを増やし続けている。